今年は天候に恵まれ、予定通りに運動会が行われました。

子供たちは地元の公立小学校へ通っていますが、毎年10月に運動会が行われています。今年も10月半ばの日曜日に運動会が予定されており、9月下旬ごろから子供たちは運動会の練習に励んできました。

今年は天候に恵まれ、予定通りに運動会が行われたのですが、これまでは何度も雨などで延期となってきました。

上の子は小学6年生なのですが、これまできちんと予定通りに実施できたのは半分ほどでした。だいたい1週は遅れるのが通常でしたが、今年は珍しくずっと晴れの天気予報だったので迷わず前日からお弁当作りに取り掛かりました。

昨年はかなり延期したけれど……

1週遅れるならまだしも、昨年は3度も延期となりました。予定日は日曜日で実施できなければ翌週の日曜日に予備日が設けられており、予備日でも無理ならば平日の月曜日・火曜日とずれていくのです。

昨年は予定日には雨が降り延期、翌週は台風が来て日曜・月曜と延期となり火曜日に行われたのです。

通常は地域の運動会も兼ねているので地域や保護者の競技が半分近く含まれており朝8時半から15時半ごろまでありました。

昨年は平日実施だったので子供の競技と保護者の競技のみ実施となり、朝8時半から13時半ごろまでの運動会だったのです。しかもお弁当はいらず、給食ということで親としては助かったところもありました。

けれど、今年の運動会は通常通り地域との運動会が行われ15時半ごろまで実施されました。下の子は低学年なので午前中で競技は終了。足も速くないので午後からのリレーメンバーにも選ばれておらず午後からはとても暇そうでした。

一方、今年最後の運動会となる上の子は競技進行のお手伝いや競技やダンスも多く、リレーにも出場したため最初から最後まで忙しそうでした。お昼ご飯の20分ほどテントで一緒に過ごしたぐらいで後は別行動となりました。

上の子は地域対抗リレーに選ばれており、応援にも熱が入りました。最後の運動会だったので近くに住む母も見に来てくれ、ビデオ撮影は主人に任せ母と一緒に応援に回りました。

1年生から6年生まで走り、その後中学生の子が走り、最後は成人男性が走るという構成となっていて息子はアンカーではなかったので少し気が楽でした。けれど、バトンを落としたりこけたりしてしまったらと考えるとドキドキして見ていました。

ですが、何とかトップで来たバトンをトップでつなぐことができ安心しました。応援の時ずっと手を叩いていたようで知らぬ間に掌が真っ赤になっていて久々にテンションが上がった気がします。

上の子にとっては最後の運動会と思うと少し寂しい気もしますが、下の子の運動会はまだまだ続きそうです。